オススメ

月釜・美術館・旧跡

KYOTO Review & Report

プレゼント

茶の湯や日本文化の情報をひとまとめ

茶寮都路理

さりょう つじり

看板メニューとなった抹茶パフェは、いまや京名物。
おいしいお茶と手づくりへのこだわりが、創業以来の味を支えます。

祇園で茶舗を展開する祇園辻利が、昭和53年(1978)、若い世代の人々にもお茶のおいしい飲み方を広めたいと店内に「お茶飲み道場」を設けたことに始まる茶寮都路里。その名は「辻利」に京の都の「都」、四条大路の「路」、茶の里(宇治)の「里」の字をあて、京都・祇園のはんなりとした空気を感じられる憩いの場にしたいという思いをこめてつけられました。やがてお茶のおともとして、宇治茶専門店らしいスイーツを考案して提供するようになり、大ヒットメニューのパフェの登場でいつしか行列のできる京都の名茶寮として国内外に知られるように。しかしどんなに人気店になっても、手づくりへのこだわりと、お茶本来のおいしさを届けたいという当初からの思いは変わることはありません。「京都に来たら都路里」と憧れをもって訪れるお客様から、昔ながらの味を懐かしみ来店されるお客様まで、幅広い層に愛され続けています。


祇園の風情あふれる舞妓さんの画は、季節に応じて入れ替えられます。開店当初は、まさにこれらの画のようにくつろぐ本物の舞妓さんの姿が見られたとか。


餡は、創業時より厳選された小豆を使い、毎日、店内で炊いています。このほか寒天、白玉、わらび餅に至るまで、すべての素材に妥協のない手づくりを貫いています。もちろん使用する抹茶も宇治茶専門店として高いクオリティを保つこと基本に、メニューとの相性を考え種類を使い分けるなど茶舗のプライドを託した味を提供しています。

祇園本店メニューはこちら→
http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/menu/kyoto_gion/

 

茶寮都路里 祇園本店

http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/store/ (一覧)
http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/

住所 京都市東山区祇園町南側 573-3 祇園辻利本店 2階・3
TEL 075-561-2257
営業時間

平日 – 10:00~21:00(L.O. 20:00)
土・日・祝 – 10:00~21:00(L.O. 19:30)
無休

アクセス 京阪祇園四条駅5分四条通沿い/京都市バス祇園バス停下車
店舗  祇園本店・京都伊勢丹店・高台寺店・大丸東京店

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット