→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 嵩山堂はし本様の情報を更新しました
動作確認環境について

〈終了〉野村美術館
2020年春季特別展 懐石のうつわ 

※この展覧会は、新型コロナウイルス感染予防および拡大防止のため、予定を変更して終了しました。

 

開催期間 前期:3月  7日(土) ~  4月 19日(日)  /後期:4月 21日(火)  ~ 6月  7日(日)

今回の展示会では、懐石料理にかかすことのできない“うつわ”に焦点をあて、野村得庵愛用の鉢類、椀類、向付、徳利や盃等を展示します。
前期は春のデザインのあるものを中心に、後期では秋・冬のデザインのものをご覧いただけるような構成にて行います。
また、明治末期頃に大阪の美術商・春海商店三代主人の春海藤次郎が、フランス・バカラ社に図面を送りオーダーし、野村得庵のもとへ収められた懐石具一式や、その他ギヤマン大皿といった、ガラス製の皿や鉢も陳列します。
1FとBFの展示を併せて、季節を感じながら様々な懐石のうつわをお楽しみ下さい。
※前期と後期で全面的な展示替え有り
(野村美術館HPより)


チラシを見る(表面裏面

 


永楽保全作 赤絵金欄手鉢(前期展示)


原羊遊斎作酒井抱一下絵 蕨蒔絵膳・椀(前期展示)


乾山 百合絵鉢(前期展示)


祥瑞捻徳利(後期展示)


仁清 百合形向付(後期展示)

主な展示作品
○1F前期
青貝桜蒔絵懐石具、原羊遊斎作酒井抱一下絵 蕨蒔絵膳・椀、織部手付鉢、乾山 百合絵鉢、
永楽保全作 赤絵金襴手鉢、染付山水絵徳利、祥瑞格子盃、横笛作 捻文盃 など
○1F後期
朱地貝尽蒔絵懐石具、祥瑞二段捻鉢、仁阿弥道八作 雲錦手四方鉢、青木木米作 開扇鉢、
仁清 百合形向付、染付雪花文徳利、樂惺入作 雁絵盃、永楽保全作 黒織部写盃 など
○BF展示室
バカラ社製 飯碗・汁碗・煮物碗・向付・飯器・しゃもじ他、ギヤマン大平皿 など
※1F展示は前期と後期で全面的に展示替。
※BF展示に限り全期間(3/7 ~ 6/7)展示。
※4/10(金)・5/22(金)・6/5(金)は、都合によりBF展示室を閉鎖。
※美術品の状態などの事情により、展示を変更する可能性あり。

 

会期 前期:3月  7日(土) ~  4月 19日(日)
後期:4月 21日(火)  ~ 6月  7日(日)
※前期と後期で全面的な展示替え有り
開館時間 10時~16時30分
休館日 月・火曜日(祝日は開館)
入館料 一般800円  大高生300円 中学生以下無料
※団体(20名以上)600円

詳細は、野村美術館ホームページをご覧ください。

アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 野村美術館

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット