→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

〈終了〉野村美術館
2020年秋季特別展Ⅱ  野村得庵没後75年 茶の湯のわびと美

※この展覧会は終了しました。

開催期間 10月24日 (土)  ~ 12月13日 (日)

野村證券の創業者であり、一大金融財閥を築いた二代目・野村徳七は、“得庵”と号し、茶の湯は藪内流、能は観世流を嗜む近代数寄者のひとりでした。
その得庵自身が京都別邸・碧雲荘にて行った大正12年12月の「南遊記念茶会」、大正13年11月に豊国神社で行った「豊秀舎・新席披露茶会」、大正14年秋の光悦会で担当した「騎牛庵」での茶席の再現展示を行います。得庵が数々の美術品を蒐集しながら、その美意識を実際の茶会において磨いていった経過など再現しつつ、その行き着いたわびの境地を探っていきます。
(野村美術館HPより)


紅葉呉器茶碗(南遊記念茶会)


藤原成経筆 三首懐紙(南遊記念茶会)


チラシを見る(表面裏面

 

主な展示作品》

「南遊記念茶会」より
藤原成経筆 三首懐紙・織部梟香合・天命菊花釜・南蛮縄簾水指・瀬戸玉柏手茶入 銘 槙葉・紅葉呉器茶碗 など

「豊秀舎・新席披露茶会」より
豊臣秀吉筆 詠寄松祝和歌懐紙・胡銅麒麟香炉・天命真形栗猿地文釜・福島正則共筒茶杓 銘 まつ嶋 など

「乙丑 光悦会」より
伝小野道風筆 小島切・青磁珠算玉花入・古染付張甲牛香合・伊賀瓢形耳付水指・粉引茶碗・織部在判古竹蓋置 など

その他
野村得庵筆 蔵帳・他会記、野村得庵作 香合・茶入・茶碗も合わせて展示

※ 美術品の状態などの事情により、展示の変更の可能性あり

 

会期 10月24日 (土)  ~ 12月13日 (日)
開館時間 10時~16時30分
休館日 月曜日 (月曜が祝日の場合は翌日)
入館料 一般800円  大高生300円 中学生以下無料
※団体(20名以上)600円

詳細は、野村美術館ホームページをご覧ください。

アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 野村美術館

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット