→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

〈終了〉相国寺承天閣美術館
いのりの四季-仏教美術の精華

※この展覧会は終了しました。

開催期間 2020年11月1日(日)~2021年1月17日(日)

相国寺は一三九二年に室町幕府三代将軍、足利義満によって創建された禅宗寺院です。室町時代から現在に至るまで、京都御所の北に寺域を有し続け、金閣寺、銀閣寺といった山外塔頭も独自の存在感を誇ってきました。
この六百年、相国寺は京都にあり、変わらず祈りの場として四季が巡ってきました。相国寺ではとりわけ六月の観音懺法、そして十月の開山忌が盛大にとりおこなわれます。その仏教儀礼は現在も厳修され、季節の移ろいを感じさせる年中行事としても、京の人々の心に刻まれてきたのです。
寺院に伝来する宝物は、それぞれ祈りの場で必要とされたものたちです。鑑賞するためではなく、仏を、祈りを荘厳するために求められた宗教芸術です。本展観では、相国寺に連綿と続く仏教行事に焦点を当て、承天閣美術館に収蔵されている宝物がどのように各儀礼を荘厳してきたのかをご披露いたします。

(相国寺承天閣美術館HPより)

 

 

PDFでチラシを見る(ウラ

 

[ 主要展示作品 ]

観音図 伝牧谿筆 三幅のうち一幅 南北朝時代 相国寺蔵
後水尾天皇御寄附状 一幅 江戸時代 相国寺蔵
中観音図 狩野探幽筆 猿猴図 狩野尚信・安信筆 三幅 江戸時代 相国寺蔵
華皿、胡銅蟠龍文三具足他(※六月十六~十七日は一部パネル展示)
〈特別出陳〉布袋像 後光明天皇宸筆 一幅 江戸時代 慈照院蔵
〈特別出陳〉昕叔顕晫頂相 一幅 江戸時代 慈照院蔵
〈特別出陳〉本源国師 国師号勅書 後西天皇宸筆 一幅 江戸時代 慈照院蔵
観音三十三変相図 文室宗言筆 三十三幅のうち三幅 江戸時代 相国寺蔵

夢窓疎石頂相 自賛 一幅 南北朝時代 相国寺蔵
袈裟 夢窓疎石所用 一領 南北朝時代 相国寺蔵
〈修理記念特別公開〉開山堂勅額 夢窓国師像 尭恕法親王筆 普明国師像 足利義満像 探幽筆 三幅対 江戸時代相国寺蔵
中維摩居士左右雲龍図 狩野洞春筆 三幅対 江戸時代 相国寺蔵
縄衣文殊図 雪礀筆 了庵清欲賛 一幅 元時代 相国寺蔵

重文 竹林猿猴図屏風 長谷川等伯筆 六曲一双 相国寺蔵
朝顔狗子図 円山応瑞筆 一幅 江戸時代 相国寺蔵

重文 十六羅漢図 陸信忠筆 十六幅 元時代 相国寺蔵釈迦十六善神像 原在中筆 一幅 江戸時代 相国寺蔵

 

 

見どころ 1  後水尾院の仙洞御所で行われた観音懺法
江戸時代前期、第一〇八代天皇の後水尾院は譲位の後、相国寺の禅僧、昕叔顕晫(きんしゅくけんたく)を導師として出家をはたします。後水尾院が特に強い関心を抱いていたのが、相国寺の観音懺法です。正保二年には、懺法法具一式を相国寺へ寄進し、仙洞御所で相国寺僧による観音懺法を執り行いました。その折の法具は、その後相国寺の観音懺法で用いられ続け、一部の法具は現在も法要に用いられております。本展では現存する後水尾院寄進法具を可能な限り展示いたします。

見どころ 2 修理記念特別公開 開山堂勅額
令和元年、相国寺開山堂内の扁額が取り外され、修理が行われました。この展観期間のみ、特別にその扁額を展示室で間近にご覧いただけます。この展観が終わると再び開山堂の檐の上に掲げられ、遠くから眺めることしかできなくなります。さらに後水尾院の勅額は、その下書きである天皇宸筆の書も同時に展示いたします。この貴重な機会にぜひ、ご覧ください。

見どころ 3 重要文化財の陸信忠筆十六羅漢、全十六幅を一挙公開
相国寺には、多くの仏教美術の名宝が伝来いたしますが、今回はその中でも選りすぐりの作品群を展示いたします。なかでも、相国寺所蔵の重要文化財、十六羅漢図は中国・元時代に陸信忠によって描かれた作品で、今回は十六幅全てを一堂にご覧いただきます。

 

日時 2020年11月1日(日)~2021年1月17日(日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 会期中無休
入館料

一般 800円
65歳以上・大学生 600円
中高生 300円
小学生 200円
※一般の方に限り、20名様以上は団体割引で各700円

詳細は、相国寺承天閣美術館ホームページをご覧ください。

アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 相国寺承天閣美術館

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット