→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

〈終了〉細見美術館
華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

開催期間 2020年1月7日(火)〜  3月29日(日)
【前期】1月7日(火)〜 2月16日(日)
【後期】2月18日(火)〜 3月29日(日)

大正 8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。
「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質を有していると評価されています。品格を備えた洋食器は、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛されたほか、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担ってきました。
陶磁器に出会うシリーズ9回目の本展では、草創期から現在までの作品を通して、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探ります。また、最新の調査結果を反映し、これまで知られることのなかった創業当時など戦前の様子を伝える貴重な資料をご覧頂きます。さらに、当館のロゴや琳派展のグラフィックを行なってきた仲條正義氏デザインの大倉陶園の洋食器の特別展示なども併せて行います。(細見美術館HPより)


チラシを見る(表面裏面

 

会期 2020年1月7日(火)〜  3月29日(日)
【前期】1月7日(火)〜 2月16日(日)
【後期】2月18日(火)〜 3月29日(日)

開館時間 午前10時 – 午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)
入館料 一般 1,400円(1,300円) 学生 1,100円(1,000円)
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示で団体料金にご優待

詳細は、細見美術館ホームページをご覧ください。割引クーポン情報有り(期間限定)

アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 細見美術館

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット