辰巳屋

たつみや

抹茶と京懐石が融合した名物「抹茶料理」を中心に確かな技と豊かな発想が生み出す創意に富んだ感動の料理。

王朝時代の貴族の別荘地であり、『源氏物語・宇治十帖』の舞台としても知られる風光明媚の地・宇治。茶どころとしても有名なこの地に茶問屋として発祥し、大正時代から料理屋としての歴史を重ねてきたのが辰巳屋です。茶とともに歩んできた老舗にふさわしい料理をという思いから名物「抹茶料理」が生まれました。先代がつくり上げた先付の「抹茶豆腐」はいまや看板メニュー。さらに、金沢での修行を終え家業に入って14年、2018年に当代を引き継いだ料理長の左聡一郎さんが伝承の技に研ぎ澄まされた感性を注ぎ、独創的なスタイルを確立。宇治だからこそ手に入る多様で高品質な茶と京料理の融合をテーマに常に抹茶料理の進化を目指しています。毎日、自ら仕入れに向かい目利きする旬の素材を活用して創作される料理の数々は、五感を刺激してくれる新鮮な楽しみとおいしさに満ちています。


看板料理の「抹茶豆腐」。厳選した高級大豆で豆乳から手づくりし、にがりで固めることで豆腐ならではの食感、大豆の甘みと抹茶のコクを調和させた逸品はまさに秘伝、一子相伝の味です。

※抹茶料理は完全予約制
御品書 https://uji-tatsumiya.co.jp/menu/index.html


水物の一例。自家製抹茶チーズケーキ、季節のフルーツ、リンゴの味醂漬け、抹茶のおからドーナツ。いずれも試行錯誤を重ねて完成したひとひねりある味わいが、新鮮な楽しさと驚きのおいしさを提供してくれます。


懐石コースの一例。留めとしての一品は、お茶事の世界にある「うずみ豆腐」から考案された。
豆腐の代わりに絶妙な歯ごたえに仕上げた汲み上げ湯葉を盛りつけ、それを覆い隠すように
ごはんを重ねる。仕上げの白味噌が口当たりよくやさしい味わいを醸し出します。

さらにアクセントとして碾茶をふりかけるのが辰巳屋流。「白味噌と碾茶の相性のよさを生かした一品です」という当代の自信作。春のよろこびをはんなりと伝える甘鯛の桜蒸しは、抹茶のジュレが味を引き締めます。


「宇治の辰巳屋から、京都の辰巳屋と呼ばれるように育てたい」と情熱を燃やす八代目主人左聡一郎氏は、京料理の未来を担う料理人の一人。意気軒昂な京都の“若旦那”料理人で組織された「京都料理芽生会」、和食のユネスコ無形文化遺産登録に尽力した「日本料理アカデミー」にも所属し、和食の普及に貢献されています。「日本料理アカデミー」では地域食育委員会で宇治市の小・中学生に日本料理のよさを伝える食育活動も実践。

 

辰巳屋

http://www.uji-tatsumiya.co.jp/

住所 京都府宇治市宇治塔川3-7
TEL

0774-21-3131

FAX 0774-20-0333
営業時間 11:00~14:30(L.O) 16:30~19:30 (L.O) 不定休
アクセス JR宇治駅より徒歩約15分/京阪宇治駅より徒歩約12分
(お車でお越しの場合) 京滋バイパス宇治東I.Cから約5分
京滋バイパス宇治西I.Cから約10分
駐車場あり