→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

來間屋生姜糖本舗〈島根〉

くるまやしょうがとうほんぽ

 

創業者・來間屋文左衛門が正徳5年(1715)に生姜糖を考案。以来製法を秘して一子相伝として受け継がれてきています。過去に遡ることのできる、事実上一番古い生姜糖の店舗であり、日本生姜糖元祖をうたっています。当時、徳川将軍家齊及び藩主に献上したところ、大いに賞賛され、世間にひろまって行ったと記録にあります。今でも江戸時代の製法を守り、炭火窯を使った手づくりにて商品を製造しています。生姜糖の専門店です。

 

「生姜糖1枚入り」522円(税込)~

島根県出雲市特産の出西生姜と上白糖を炭火で煮立てています。秘伝の職人技で砂糖の甘さをおさえ、生姜のほどよい辛みを生かしたおいしさです。江戸時代から本日まで手造りです。

 

 

「抹茶糖1枚入り」522円(税込)~

風流茶人として名高い、出雲松江藩・七代目藩主・松平不昧公の生誕百年を記念して考案されたとされています。「抹茶糖」は、「生姜糖」の製法技術が生んだ來間屋の「生姜糖」にならぶ銘菓のひとつです。当時の風味を大切に、今でも石臼びきの抹茶をふんだんに使用しています。

來間屋生姜糖本舗

所在地 〒691-0001

島根県出雲市平田町774

TEL 0853-62-2115
FAX 0853-62-1303
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休
E-mail kurumaya@syougatou-honpo.jp
ホームページ https://syougatou-honpo.jp
アクセス 出雲縁結び空港から車で15分
雲州平田駅から徒歩で10分
宍道I.C.から車で20分

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット