→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

高麗美術館

こうらいびじゅつかん

高麗美術館は、美術工芸品を通して祖国の歴史と文化を正しく理解して欲しいという思いにより、1988年に在日朝鮮人の実業家鄭詔文により朝鮮の美術工芸品約1700点と建物が財団に寄付され設立されました。収蔵品は全て日本で収集されたものです。これらは三国時代(~七世紀)・統一新羅(七~十世紀)、高麗王朝(十~十四世紀末)そして朝鮮王朝時代の末期までのおよそ1500年にわたるもので、磨製石剣や瓦、銅鏡などの考古資料をはじめ、高麗青磁や朝鮮白磁などの陶磁器、山水図や花鳥図、民画などの絵画のほか、仏教美術、民俗資料なども有します。年間2、3回行われる企画展でこの収蔵品は順次展観されます。また、外部講師を招いて行われる研究講座も充実した内容です。

http://www.koryomuseum.or.jp/

住所 京都市北区紫竹上岸町15
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、展示替期間、年末年始
TEL 075-491-1192
アクセス 市バス4、9、37、46系統で「加茂川中学前」下車徒歩1分
ここへ行く(Google Mapを開く)

現在開催中の展覧会情報はコチラ

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット