→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 嵩山堂はし本様の情報を更新しました
動作確認環境について

茶道資料館・今日庵文庫

ちゃどうしりょうかん・こんにちあんぶんこ

茶道資料館

茶道資料館は、茶の湯に関する企画展を開催し、掛物、茶碗、花入などの茶道具や関連の美術工芸品、文献史料などを中心に展示を行っている美術館です。会期中には展覧会に関連した講演会などが開催され、テーマに応じた図録が製作・刊行されています。2階陳列室には、裏千家を代表する茶室のひとつ「又隠(ゆういん)」の写しが設けられており、茶室内を見学できます。


1階陳列室

開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時まで)
休館日 月曜・年末年始・展示替期間
入館料 通常展 一般700円 大学生400円 中高生300円
特別展 一般1,000円 大学生600円 中高生350円
呈茶席 展覧会の入館者には無料の呈茶があり、抹茶と和菓子をお召し上がりいただけます(10時〜16時)。椅子に腰かける立礼(りゅうれい)形式で、希望があれば点前、作法の説明を受けることもできます。行事等の都合で、点前の対応が出来ない日があるので、ご希望の方は事前に茶道資料館にご確認ください(準備の都合上、10名以上の場合も事前のご連絡が必要です)。

【茶道資料館友の会】
会員には入館料の割引をはじめ各種特典があります。また、会員を対象としたお茶会や講演会・講座などの行事を開催しています。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tomo/index.html

現在 開催中の展覧会情報はコチラ

 

 

今日庵文庫

今日庵文庫は、11代玄々斎をはじめ、歴代家元が収集した史料を受け継ぎ、それを調査・研究する目的で、昭和44年(1969)に設置された茶の湯の専門図書館です。以降、茶の湯関連の資料の収集につとめ、その成果を紀要『茶道文化研究』として刊行しています。蔵書は茶の湯に関する近世の書物(貴重書)をはじめ、歴史・美術工芸・建築・料理・文学などの図書や展覧会図録、雑誌、紀要、映像資料約7万点を書庫に収蔵。蔵書検索システムかレファレンスサービスによる手続きをすれば閲覧することができます(館外貸出不可)。閲覧室では、開架している茶道各流派の逐次刊行物や茶の湯に関する図書、児童書、外国書の閲覧および映像資料の視聴ができます。


今日庵文庫の閲覧室

開館時間 10時~16時30分(入館は16時まで)
休館日 月曜・土曜・日曜・祝日・8月13~16日・年末年始(12月27日~1月6日)
TEL 075-431-3434
入館料 無料

 

 茶道資料館・今日庵文庫
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html

所在地 京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682番地
裏千家センター内
駐車場 3台 無料(普通車のみ)
TEL 075-431-3434
アクセス くわしいアクセス情報はこちら
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/access.html
ここへ行く(Google Mapを開く)

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット