→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

相国寺承天閣美術館
若冲と近世絵画展

開催期間
Ⅰ期 2021年4月29日(木・祝)~7月25日(日)
Ⅱ期 2021年8月1日(日)~10月24日(日)

十八世紀の京都では、多くの絵師たちがその腕を振るいました。今回は相国寺と深いかかわりのある京の絵師たちの絵画を中心に展示を行います。
第一章では伊藤若冲の「釈迦三尊像」などの作品を通じ、相国寺の僧侶と絵師達の交流の軌跡を追います。特に京都市中の大部分を焼き尽くし、京都に大きな爪痕を残した天明の大火(一七八八年)関連の資料と、その後に再建された相国寺方丈を彩った、原在中による杉戸絵もご披露いたします。相国寺僧と京絵師たちの災害からの復興に向けた軌跡をご覧ください。
さらに第三章には相国寺派寺院を彩ってきた絵師達の個性あふれる名品のうち、鹿苑寺からは伊藤若冲の重要文化財、鹿苑寺大書院障壁画五十面を、そして慈照寺からは与謝蕪村の描いた方丈上官之間の障壁画「山水人物図」をご披露いたします。また、池大雅や円山応挙など、十八世紀の京都画壇を彩る絵師達の画技もあわせてご覧いただきます。
相国寺、鹿苑寺(金閣寺)と慈照寺(銀閣寺)を代表する近世障壁画を中心に、寺院空間を彩った作品群をお楽しみください。

見どころ ― 伊藤若冲が相国寺へ寄進した釈迦三尊像を展示
相国寺と若冲の縁は深く、それを象徴する作品がこの「釈迦三尊像」です。明和二年(一七六五)九月二十九日、五十歳の伊藤若冲は相国寺へ釈迦三尊像と動植綵絵を寄進しました。そして同年十二月には相国寺と死後の永代供養の契約を交わし、翌明和三年(一七六六)、相国寺の梅荘顕常(大典禅師)の撰文による生前墓を相国寺松鷗庵に建立したのです。
動植綵絵は明治二十二年(一八八九)、廃仏毀釈の煽りを受けて困窮した相国寺が皇室へ献上し、現在は宮内庁が所蔵しています。相国寺はこの時に下賜されたお金で寺域を買い戻し、現在に至ります。相国寺承天閣美術館の第一展示室は、釈迦三尊像と動植綵絵を展示することを想定して設計されており、相国寺における若冲の存在感は今なお増すばかりなのです。
(相国寺承天閣美術館HPより)

 


チラシをPDFで見る

 

日時 Ⅰ期 2021年4月29日(木・祝)~7月25日(日)
Ⅱ期 2021年8月1日(日)~10月24日(日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 会期中無休
入館料

一般 800円
65歳以上・大学生 600円
中高生 300円
小学生 200円
※障碍者手帳をお持ちの方と介護者1名様は無料。
※当面の間、団体での御来館はお控えください。

詳細は、相国寺承天閣美術館ホームページをご覧ください。

アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 相国寺承天閣美術館

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット