オススメ

月釜・美術館・旧跡

KYOTO Review & Report

プレゼント

茶の湯や日本文化の情報をひとまとめ

千本玉壽軒

せんぼんたまじゅけん

織物のまち・西陣で歴史を重ねる京菓子店。
茶人の心に、伝統と新たな創意の美しい融合。

昭和13年(1938)、本家玉壽軒で修行を積んだ初代がのれん分けにより玉壽軒発祥の地である西陣で創業。以来、京都の人々の高い美意識と味へのこだわりに応え、京菓子づくりの確かな技を磨いてきました。現代までに数々の銘菓を生み出す一方、有名社寺にそれぞれの限定菓子を納めるなど、京都になくてはならない存在に。さらに三代目を継ぐ当代は、裏千家に入門して茶人の視点と感性を養っています。繊細な季節感の表現、茶席でこそ映える造形や色と感動を届ける味わい茶の湯と真摯に向き合うことで得た学びを託す菓子の数々は、茶人の心を深くとらえます。謙虚なお人柄で茶会の相談にもやわらかに対応し、いまや頼りにされる名店のひとつに。一方では伝統を巧みに活かしつつ、現代の感覚を取り入れた和菓子の開発にも積極的。店内のショーケースの中には、そんな伝統と革新が織りなす楽しさがあふれています。その日限りの「季節の上生菓子」にも、期待がふくらみます。


積み重ねてきた歴史と風格に、ぬくもりが宿る店内。


インスタグラムより抜粋 「春霞」(2019.3.22)「若柳」(2019.3.22
四季折々に趣向を凝らした生菓子は、instagramでご覧いただけます。


初代が考案した代表銘菓「西陣風味」。白生地に見立てた羽二重餅でこし餡をくるりと巻き、西陣織の反物に見立てています。たとう紙でくるみきりっと結んだ包みにも西陣の風情が。


桜の葉っぱが入ったこし餡を、讃岐産の和三盆糖入り落雁でくるみ、桜の花型をあしらった春のお菓子「花の袖」。このほか、季節ごとにさまざまなモチーフ、味わいが登場します。


中に大徳寺納豆の入った白い落雁「大内山 笑顔」。「大内山」は御所を表す雅語。平安絵巻に描かれたふくよかな笑顔を表現しています。シンプルながらも、やさしい気持ちになれるお菓子です。


春夏秋冬の京都の景色を、愛らしいモチーフと彩りで表現した干菓子。


京都でオリジナル文具も手がけるグラフィックデザイナーとのコラボレーションから生まれたモダンな干菓子「日月菓」(にちげっか)。その色とパッケージは、京都の東西南北を司る「四神」にちなんでいます。

商品詳細はこちらへ→http://sentama.co.jp/products.html

 

千本玉壽軒

http://sentama.co.jp

所在地 京都市上京区千本通今出川上ル上善寺町96
TEL 075-461-0798
FAX 075-464-6717
営業時間 8:3017:00 水曜休
アクセス

京都市バス千本今出川下車

ここへ行く(Google Mapを開く)

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット