→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

三木竹材店

みきちくざいてん

優美な竹垣から、花入や柄杓、箸まで多彩
しなやかでさり気ない、日本文化を支え続ける京銘竹の世界

世界に約1200種類、日本だけでも半数の600660種類もあるといわれる竹。日本に古来からある真竹や、タケノコで有名な孟宗竹など、建材から家庭用品、食材に至るまで、竹は日本人にとって欠かせない存在です。創業明治10年(1877)の三木竹材店は、竹の伐採から油抜きなどの作業、最終加工まで社内で行う竹のエキスパート。寺社仏閣や個人宅等の美しい竹垣から、施設の内装施行などを中心に、竹小物の製作販売を行っています。最近では、茶杓削りや花入れ制作などの体験教室も開き、竹の魅力も伝道しています。5代目の三木崇司さんは、「竹は日本文化と深いかかわりがあります」と話し、茶道を嗜む人はもちろん、より多くの人に「竹の魅力や竹から学ぶ精神性を知ってもらいたい」と語ります。


右から亀甲竹、図面角竹、ごま竹、真竹。
この4種類を京都府伝統工芸品「京銘竹」に指定。


煤竹(左)と、節のところに模様が浮かぶ「しゅみ竹」(右)。


京銘竹 竹とんぼスプーン。


笹の葉をかたどったペーパーナイフ


扇子をイメージしたスライドタイプの携帯用菓子切り。


5本組タイプの菓子切りも。


携帯用の入れ物がユニークな「京銘竹マイ箸」各種。
上から「かんざし」、「一輪挿し」、「扇子型くみひもタイプ」、「扇子型」、「刀型」、「京都迎賓館来賓用の筒型」。


茶杓削り体験、四海波かご作り、花入作り、マイ箸作りの4つの体験教室を開催。京都の伝統工芸品に指定されている「京銘竹」を使います(要事前予約、料金・時間はホームページ参照)。
http://www.kyoto-miki.com/


敷地内にお祀りしている竹の神様「吉竹大神」。


「竹は茶の湯やいけばなの道具として昔から使われてきました。建材として使われるだけでなく、日本人にとって身近な存在だからです。昔から日本人と竹は密接なんです」と5代目の三木崇司さん。「裏千家青年部の相談を受け、体験教室も始めるようになりました。」

 

三木竹材店

http://www.kyoto-miki.com

所在地 京都市南区吉祥院石原上川原町52
TEL 075-691-1324
営業時間 9:00~18:00(要予約)
定休日 日曜・祝日
アクセス 市バス13系統などで「吉祥院長田町」停下車すぐ
JR京都線「西大路駅」下車 南西へ徒歩15分

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット