→ NARA

→ OSAKA

→ TOKYO

新 着 情 報

新しく 亀末廣仁和寺 の情報を追加しました
動作確認環境について

奈良交通

ならこうつう

人気の観光名所を無駄なく訪ねる定期観光バス。
~「斑鳩の里」から「西ノ京」を巡る~

奈良は、エリアが広く、スケールが大きい名所が多いため、ゆったりと満喫することができる反面、個人で何か所も巡るには周到な準備が必要といえます。もっと気軽に、できるだけ効率よくいろいろな場所を訪ねたいという人にぴったりなのが、定期観光バス。奈良交通では、全コースバスガイドさんによる案内付きで、1名からでも出発確定のコースを毎日運行しています。ここでは世界最古の木造建築物群を誇る法隆寺で知られる「斑鳩の里」から、白鳳伽藍が蘇った薬師寺と鑑真和上が開かれた唐招提寺とが建ち並ぶ「西ノ京」を1日で巡る一番人気のコースをご案内しましょう。茶人にとっては「茶の湯の寺」として知られる慈光院が含まれているのも見逃せないところです。メイン写真は、書院の正客席より望む、見事な庭園(史跡および名勝指定)。このほか、点在する名所をスムーズに巡ることができるのが魅力です。

定期観光バスツアー 「法隆寺・西ノ京」
https://eexpress.jp/st/151/ja/pc/tour/package/?mcid=41498

コース(所要時間・約7時間)
JR奈良駅→近鉄奈良駅→法隆寺→中宮寺→慈光院→薬師寺→唐招提寺
→平城宮跡・朱雀門(車窓より)→
JR奈良駅→近鉄奈良駅


聖徳太子ゆかりの寺院、法隆寺。日本最古の塔である五重塔(国宝)、世界最古といわれる木造建築の金堂(国宝)を中心とした西院伽藍と、太子信仰の聖地・夢殿を中心とした東院伽藍にご案内いただきます。


大和三門跡寺院のひとつで、茶の湯にもゆかりの深い中宮寺。ご本尊の菩薩半跏像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作であり、美術史上でも高い評価を受けています。


慈光院・茨木城楼門を移築した山門

慈光院は茶道石州流の開祖で茶室建築にも名を残す大名茶人・片桐石州が建立した「茶の湯の寺」。境内全体がひとつの茶席としてつくられており、表門から屋敷、小間の席に至るまで総合的に演出されています。いわば利休が実践したもてなしの原点、茶人ならではの美意識を、300年の時を超えて体感することのできる貴重な場所。お抹茶をいただきながら名庭を眺め、茶の湯の心に迫るご住職のお話を伺います。


慈光院・茶室 二畳台目
点前座の奥に床の間がある「亭主床」で、片桐石州の代表的な席。(国指定重要文化財)


慈光院・茶室 三畳
逆勝手の道安好みの席で「閑茶室」とも呼ばれます。(国指定重要文化財)


南都七大寺のひとつとして1300年以上の歴史を持つ薬師寺。かつては我が国随一の賞賛を浴びる大伽藍を誇りましたが、幾たびの災害や兵火によってその姿は失われていました。しかし1960年代、高田好胤管主の発願により大伽藍復興が目指されて半世紀。美しくよみがえり、訪れる人に感動を与えてくれます。白鳳時代の姿をそのままに残すご本尊の薬師三尊像は、病気平癒の仏さまとして、変わらぬ信仰を集めます。


多くの苦難の末に来日を果たされた鑑真大和上によって開かれた律宗の総本山。奈良時代の創建時そのままの姿を残す金堂と講堂、舎利殿とも呼ばれる鼓楼など、国宝に指定されている建築物が立ち並び、重厚で厳かな空間を体感できます。

 

奈良交通

定期観光バス https://www.narakotsu.co.jp/teikan/index.html

ご予約はインターネットもしくはお電話で。
お電話でのご予約 0742-22-51108301900 年中無休)

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット