月釜・茶会

ジャンルで探す

注目! 地図で探す
買う 食べる 泊まる 体験する 見る 抹茶をいただく 月釜 美術館 お茶の旧跡 お寺・神社

京のふるさと産品協会

きょうのふるさとさんぴんきょうかい

>English

 

美味研鑽 京の食文化『ブランド京野菜 冬の料理フェア』 

京野菜の歴史文化等のストーリーや健康機能性等の魅力をPRするため、京都府内の飲食店25店で『ブランド京野菜 冬の料理フェア」が、令和5年1月21日(土)から開催されます。
本フェア参加店で提供するメニューは、ブランド京野菜を使用した特別メニューで京野菜や府内産農林水産物を使用した京づくしの献立となっております。
皆様、ぜひご来店いただきご賞味ください。

概 要
京野菜の歴史文化等のストーリー、健康に役立つ機能性や機能性を高める調理法などを駆使し、京野菜の魅力をPRするため、京都府内の料理店から「花菜」「京みず菜」「九条ねぎ」「えびいも」等のブランド京野菜を使用した特別メニューが提供されます。

フェアの開催期間
令和5年1月21日(土)から2月19日(日)まで

 

参加店(25店)

案内ブックス(PDFをダウンロードして詳細を確認する。)

中国料理伯楽家常菜
都府京都市北区北野西白梅町85-2
tel  075-465-0309

ルルソンキボア
京都府京都市北区上賀茂豊田町52
tel  075-701-7155

エヴァンタイユ
京都府京都市左京区岩倉西五田町1-2
tel 075-712-0750

奥貴船兵衛
京都府京都市左京区鞍馬貴船町101番地
tel 075-741-3066

八千代
京都府京都市左京区南禅寺福地町34
tel 075-771-4148
(八千代はデジタル茶の湯マップでも紹介中→詳細はコチラ

山ばな平八茶屋
京都府京都市左京区山端川岸町8-1
tel 075-781-5008
(やまばな平八茶屋はデジタル茶の湯マップでも紹介中→詳細はコチラ

有喜屋ホテルオークラ京都店
京都市中京区河原町通御池角 ホテルオークラ京都B2F
tel 075-252-0858 

割烹 なか川 三条木屋町
京都府京都市中京区三条木屋町上ル上大阪町532番地20フォーラム木屋町ビル地下1階
tel 075-256-8009

京野菜 桜肉 鴨肉 子鴨
京都府京都市中京区大黒町46-1
tel 075-746-4973

京料理かじ
京都府京都市中京区丸太町通小川東入ル横鍛冶町112-19
tel 075-231-3801

たん熊北店京都本店
京都府京都市中京区西木屋町通四条上ル紙屋町355
tel 075-221-6990
(たん熊北店本店はデジタル茶の湯マップでも紹介中→詳細はコチラ

菊乃井本店
京都府東山区下河原町459
tel 075-561-0015

天ぷら八坂圓堂
京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町566
tel 075-551-1488

乙文
京都府京都市下京区壬生西入薬園町158
tel 075-351-2792

京料理 およね
京都府京都市下京区綾小路高倉西入ル神明町230
tel 075-351-2849

ジョイフル文蛾
京都府京都市下京区西洞院高辻上る本柳水町790-1
tel 075-344-2900

松山閣 ジェイアール京都伊勢丹店
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹11F
tel 075-342-0070

嵐山熊彦
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒の馬場町5-1
tel 075-861-0004
(嵐山熊彦はデジタル茶の湯マップでも紹介中→詳細はコチラ

京料理 せんしょう
京都府京都市右京区西院安塚町23
tel 075-322-1913

京料理 鳥米
京都府京都市西京区嵐山朝月町66
tel 075-872-7711

京料理 清和荘
京都府京都市伏見区深草越後屋敷町8
tel 075-641-6238
(清和荘はデジタル茶の湯マップでも紹介中→詳細はコチラ

平等院表参道 竹林
京都府宇治市宇治蓮華21
tel 0774-21-7039

京料理・抹茶料理 辰巳屋
京都府宇治市宇治塔川3-7
tel 0774-21-3131
(辰巳屋はデジタル茶の湯マップでも紹介中→詳細はコチラ

京料理 松正
京都府亀岡市篠町篠上北裏91-1
tel 0771-24-0567

京の味処 うお寿
京都府長岡京市今里2-17-8
tel 075-951-0325

主催 公益社団法人 京のふるさと産品協会
共催 京のおもてなし協議会

 


京の食文化のなかで育まれてきた京野菜や産品をブランド化。
「京のブランド産品」として、支援と普及に努めています。

京都には長い歴史を越えて受け継がれ、磨かれてきた食文化があります。それを支えてきたのが、この地ならではの風土、環境のなかで生産者と料理人がともに育ててきた食材といえます。そんな貴重な京料理の材料を、ともに守り育て広く発信していくために、京のふるさと産品協会が平成元年から進めてきたのが「京のブランド産品」事業です。ここでは「京都らしさ」という文化的裏付けに加え、食の安全性にもいち早く注目。安心・安全と環境に配慮した「京都こだわり生産認証システム」による厳しい審査のもと、品質・規格・生産地を厳選し、現在、京野菜を中心に31品目を認定しブランドマーク「京マーク」を目印として流通させています。そして京の食文化とともに、これら「京のブランド産品」の魅力を全国の人々に知っていただくため、さまざまな活動を繰り広げています。

「京マーク」 についての詳細はこちら→ https://kyoyasai.kyoto/mark


「京のブランド産品」の生産地は、府内全域にわたります。

31品目の一覧はこちら https://kyoyasai.kyoto/details

「京のブランド産品」を買うなら

<ほんまもん京野菜取扱店>
「京野菜コーナー」を設けるなど、京都の野菜を豊富に揃えた拠点を認定しています。
京都府内のほか、近畿圏、首都圏にもありますのでぜひご確認を。
詳細はこちら→https://kyoyasai.kyoto/store

「京のブランド産品」をお店で味わうなら

<旬の京野菜提供店>
いつでもおいしい京野菜が食べられるお店として、京のふるさと産品協会が認定している飲食店です。現在は、東京都にも拡大。プロの手で料理された京野菜を味わう機会にご活用ください。
詳細はこちら→https://kyoyasai.kyoto/shop_all

<旬の京のブランド産品>
四季折々に市場を賑わせる「京のブランド産品」。タイムリーに旬を迎える京のブランド産品とレシピをご紹介します。


花菜 https://kyoyasai.kyoto/details#d5

いわゆる「菜の花」。伏見桃山付近で切り花用として栽培されていた寒咲なたねの蕾を食用にしたもの。心地よい歯ごたえと独特の風味が特徴で、ビタミンCや葉酸が豊富。

レシピ(調理例photo「花菜のごま和え」「花菜の天ぷら」「花菜ごはんと花菜汁」「貝柱とのサラダ」→https://kyoyasai.kyoto/recipe#ab4


京たけのこ https://kyoyasai.kyoto/details#d6

肉厚でやわらかく、えぐみのない甘味で「日本一」との誉れも高い京たけのこ。繊維質を豊富に含んでいます。

レシピ(調理例photo)「京たけのことわかめの煮物」「京たけのこの木の芽和え」「京たけのこの天ぷらとタラコ和え」→https://kyoyasai.kyoto/recipe#ab5

 


新型コロナウィルス感染症により大きな影響を受ける料飲店。消費が低迷する京都府産農林水産物を応援する「京料理・地元農林水産品持続支援プロジェクト」では、地元農林水産品を使ったレシピ動画「おうちで料亭ごはん」も配信しています。一流料理人の手による調理をお楽しみいただくとともに、ご家庭でもお試しください。

http://kyoyasai.kyoto/ouchi_recipe


一人でも多くの方に「京のブランド産品」の魅力を普及・発信すべく、多彩なイベントを主催、参画。生活者のみなさんとの直接のふれあいもまた、活動の大きなモチベーションになっています。


毎年松尾大社で開催される「酒1グランプリ」にも酒造好適米「祝」・「京の酒」としてPRブースを出展(展示のみ・試飲なし)。

「酒1グランプリ」チケットは前売券のみの限定販売となります。当日券はありませんのでご了承ください。

 

公益社団法人京のふるさと産品協会

http://kyoyasai.kyoto

住所

京都市南区東九条西山王町1番地 京都JAビル地下1階

TEL

075-925-8315

FAX

075-366-8316